シェアブログ
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

2016年12月02日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 :ミラノ作 どどんスズスロウン(catv?)@\(^o^)/ [GB]:2016/12/02(金) 18:40:09.09 ID:MPQy+Fuy0.net

皇太子ご夫妻の長女愛子さまは1日、15歳の誕生日を迎えた。学習院女子中等科3年となり、5月の修学旅行で広島市の平和記念公園を初めて訪問。ご夫妻の公務に同行して活動を学ぶ機会が増えたほか、初代天皇とされる神武天皇の陵も参拝した。
宮内庁東宮職によると、疲れによる体調不良で9月下旬から休んでいた学校は、11月8日から約1カ月半ぶりに登校を再開。当初は午後の授業だけ受けていたが、最近は朝から通常通り学校に通学。多少のふらつきが残り、少し痩せたが、心配するほどのことではないという。
体調を崩す前には、4月の球技会でソフトボールを選択し、チームのリーダーになった。
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1201/kyo_161201_7521020083.html

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20161130004781_commL.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20161201005245_commL.jpg

続きを読む

2016年12月02日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 :ダイビングフットスタンプ(dion軍)@\(^o^)/ [CN]:2016/12/02(金) 18:08:00.97 ID:mmOQIPDK0.net

情報番組のコメンテーターとしても活躍する社会学者の古市憲寿氏(31)が、「ユーキャン新語・
流行語大賞」のトップテンに選ばれた「保育園落ちた日本死ね」というフレーズに対する批判に、
異論を唱えた。

 このフレーズは、1人の母親が匿名ブログで待機児童問題への強い不満を訴えたもの。
大きな話題となったが、「日本死ね」という過激な表現に賛否が分かれた。このほど
流行語大賞のトップテンに選ばれたことで、あらためて物議をかもしている。

 古市氏は2日にツイッターで言及し、「言葉は文脈をともなって初めて意味を持つ。
『保育園落ちた日本死ね』が話題になった時、『日本死ねなんてけしからん』という批判よりも、
共感が多かったのは、『日本死ね』という言葉ではなく、あのブログが多くの人に読まれたから」
と分析。「あのブログも読まずに『日本死ねなんてけしからん』と言われても。ちなみに僕が
知る限り、あのブログが騒がれていた当時、『日本死ねなんてけしからん』と言っていたのは、
おじさん政治家たちです。いま怒っている人との共通点は、ちゃんとブログ本文を
読んでいないこと」だと指摘した。

 また「死ね」という表現については、「人格攻撃でもなく、あくまでも比喩としての『死ね』と、
具体的な他者や人格をおとしめるために使う『死ね』は全然違うよ。しかも、他にどうしようもなく、
そうするしかない悲痛な叫びとしての『日本死ね』でしょ」との見解を示した。
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1746333.html

続きを読む

2016年12月02日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 :レインメーカー(東京都)@\(^o^)/ [CA]:2016/12/02(金) 17:01:43.20 ID:dlKe2W+f0.net

シークワーサー入り飲料を数量限定で発売 カゴメ

 カゴメは、シークワーサーの果汁入り飲料「野菜生活100 冬の完熟シークヮーサーミックス」を数量限定で発売した。
沖縄県で昨冬に収穫したシークワーサーに、ニンジンやリンゴなど23種類の野菜と果実を加えた。
200ミリリットル入りで、店頭想定価格は129円前後。
http://www.sankei.com/west/news/161202/wst1612020052-n1.html

赤マムシドリンク

続きを読む

2016年12月02日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 :フランケンシュタイナー(庭)@\(^o^)/ [CN]:2016/12/02(金) 16:50:42.15 ID:dRI/Uv+m0.net

【簡単に説明すると】
・中国の女性が彼氏が誕生に遅れて激怒
・彼氏がレンタルした車に生理用ナプキンを貼りまくる
・しかしとんでもない結果に

中国の女性が嫉妬し彼氏の車に大量の生理ナプキンを貼り付けるという過激な行為に及んだことが発覚。
23回目の誕生日を迎える女性リ・タンはボーイフレンドであるウーを待っていた。
しかし約束の時間にボーイフレンドは現れずリ・タンは激怒。ついにボーイフレンドはほかの女と浮気しているのではと思い込んでしまった。

ここで取った行動が、彼氏への復讐だった。復讐のために取った行動は生理用ナプキン。彼女はこれで何をしようとしたのか?

リ・タンはボーイフレンドが今日のためにレンタルした車まで行き、生理用ナプキンを貼りまくったのだ。それを写真撮影し、
ボーイフレンドに送りつけた。更にはオンラインコミュニティにアップし自慢もしたのだ。

しかし、約1時間後、彼女が聞かされた言葉は意外なものだった。ボーイフレンドが遅れた理由は、リ・タンの誕生日の
準備のためだったのだ。確実なアリバイもあり、イベントの準備を確認したリ・タンは言葉を失い彼氏にただ申し訳ないと謝罪した。

彼女の行為にボーイフレンドは戸惑いを見せたが、世界で最も愛された彼女の誕生日である限り、今回の行動を理解し、
誕生日パーティー会場に向かったという。

http://gogotsu.com/archives/24193
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2016/12/001-3.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2016/12/002-1.jpg

続きを読む

2016年12月02日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 :フルネルソンスープレックス(東京都)@\(^o^)/ [DE]:2016/12/02(金) 17:19:13.02 ID:2nBXS00t0.net

我が子を母乳で育てたいという女性が増えたこともあって、
最近では出産しても母乳の出が悪い産婦を対象にした
特殊なマッサージ施術が存在する。
また、授乳行為に関係なくとも、バストアップ効果を狙って
エステサロンなどに足しげく通う女性方も少なくない。
そうした中、この手の“育乳”に、早い段階から着手していた地域があるという。

「娘のね、胸をね、揉むんです。
そうしますとね、胸がどんどん育っていって、
大人になって、母親になったときに、良い乳が出るそうなんです」

新潟県・下越地方のとある地域において、かつて民間伝承的に定着し、
親しまれていたという“育乳の儀式”についてそう語るのは、
現在、新潟市内の特別擁護老人ホームで余生を過ごす
河野田善吉さん(仮名・89)。
河野田さんの話によると、当地におけるその儀式は
かなり長い歴史を持ち、一説には江戸期以前より
行われていたものなのだという。

「私も詳しくは知りませんけどね、それはもう、大昔からあったものだそうです。
女の子が生まれて、月のものがくるようになりますとね、
産婆のばあさまのところへ連れていかれましてね、
その子の父親が、胸の揉み方を教えてもらいまして。
ええ、そうです、父親です。
それで教えてもらった揉み方をですね、
その子がお嫁にいくまで続けるんです」
(以下略)

http://tocana.jp/2016/11/post_11433_entry.html

続きを読む
逆アクセスランキング
リンク集
記事検索