シェアブログ
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ

2017年04月27日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::2017/04/27(木) 11:39:38.46 ID:gck1o2cf0●.net


正当な理由なく女子トイレに立ち入ったとして、兵庫県警生田署は26日、
建造物侵入の疑いで、神戸市垂水区の無職の男(53)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午前11時15分ごろ、同市中央区にある大学の女子トイレに侵入した疑い。
男は、女子トイレの個室に約2時間入ったままだったといい、同日午後1時15分にトイレから出てきたところを逮捕された。
同署によると、「のぞき見する目的で入った」と容疑を認めているという。

同署によると、これまでに「女子トイレの個室から男性が出てきた」などという目撃があり、
大学で警戒していた捜査員が同日、女子トイレに入った容疑者を見つけた。
男が女子トイレの個室に入った後は、女性警察官がトイレの入り口で待機し、使わないように注意を促していたという。

https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201704/0010132268.shtml

続きを読む

2017年04月27日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::2017/04/27(木) 11:59:49.62 ID:j3lY5zLY0?2BP(2000)


いずも型はひゅうが型に比べてはるかに大きく、また武装に充実したひゅうが型とは異なり個艦防御用には最小限の20mm機関砲と短射程ミサイルしか搭載しないことから、
航空母艦としての航空機運用能力をより重視した護衛艦であるといえます。

それゆえいずも型に対しては、アメリカ海兵隊において2015年に就役したばかりの最新鋭短距離離陸・垂直着陸戦闘機F-35B「ライトニングII」を艦載する能力について、かねてより議論があります。
防衛省が公式の場でF-35Bの艦載について言及したことはありませんが、各種メディアなどではたびたびF-35B搭載論が登場します。

結論から言うと、いずも型にF-35Bを搭載すること自体には何ら物理的な障害はなく、可能であると推測されます。
戦闘機を運用する上で阻害となる飛行甲板に設置された20mm機関砲「ファランクス」の移転や、必須ではありませんが船首に勾配を設けた飛行甲板「スキージャンプ」を設けるなど、それほど大きくない改修のみで対応は可能とみられます。

いずも型にF-35B戦闘機を搭載することは可能でしょう。
ただ、それだけでは戦力として機能しないので、戦闘機以外にも緊急脱出したパイロットを救助するためのMCH-101やV-22といった救難捜索機または輸送ヘリ・ティルトローター機を3機から4機、
さらにMCH-101ないしV-22を原型とした早期警戒管制機3機から4機、加えて既存のSH-60K哨戒ヘリが3機から4機必須であり、また可能ならばV-22空中給油機型が1機から2機欲しいところです。

以上のように、少なく見積もっても戦闘機以外に十数機程度のヘリを搭載しなくてはならないので、いずも型で実際に運用可能なF-35Bは8機程度、ヘリを減らしても12機が限界となるでしょう。

海自ヘリ空母「かが」就役 F-35Bは結局のところ搭載できるのか? その運用は? | 乗りものニュース
https://trafficnews.jp/post/66780/

続きを読む

2017年04月27日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::2017/04/27(木) 12:21:21.04 ID:1/7WpIrf0●.net


眞子さまが乗られた乗用車、都内で物損事故


秋篠宮家の長女眞子さまが乗られた乗用車が26日午後、東京都千代田区の路上で物損事故を起こしていたことが
警視庁幹部への取材でわかった。

運転していたのは宮内庁の40歳代の男性職員で、同日午後6時15分頃、千代田区の交差点を右折する際、
右後輪が中央分離帯に接触したという。けが人はなかった。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170427-OYT1T50066.html

続きを読む

2017年04月27日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::2017/04/27(木) 12:35:41.77 ID:WB37vo8Q0?2BP(1931)


報道の自由度ランキング、日本は72位 G7で最下位に

 国際NGOの国境なき記者団(本部・パリ)は26日、2017年の「報道の自由度ランキング」を発表した。調査対象の180カ国・地域のうち、日本は前年と同じ72位だが、イタリア(52位)に抜かれて主要国7カ国(G7)では最下位だった。

 ランキングは各地で働く記者や専門家へのアンケートをもとに作成。北欧諸国が上位で、中東シリアや北朝鮮が下位に並ぶ傾向は変わっていないが、世界各地で「民主主義が後退し、ジャーナリズムの力が弱まっている」と警告している。

 日本は10年の11位から順位の低下が続く。安倍政権への辛口キャスターらの降板なども踏まえ、「メディア内に自己規制が増えている」「政権側がメディア敵視を隠そうとしなくなっている」などと問題視。
特定秘密保護法については、国連の特別報告者から疑問が呈されたにもかかわらず「政権は議論を拒み続けている」とした。

 43位だった米国については「トランプ大統領がメディアを民衆の敵だと位置付け、いくつかのメディアのホワイトハウスへのアクセス制限を試みた」と警戒感を示した。(パリ=青田秀樹)

72 日本(72)

148 ロシア(148)

176 中国(176)

177 シリア(177)

178 トルクメニスタン(178)

179エリトリア(180)

180 北朝鮮(179)

http://m.huffpost.com/jp/entry/16276730

続きを読む

2017年04月27日

  • カテゴリ:
    0 コメント

1 ::2017/04/27(木) 06:37:24.44 ID:y298h+YZ0●?2BP(2001)


【カップめんに関するアンケート調査】

http://a.excite.co.jp/News/release/20170426/Prtimes_2017-04-26-7815-461.html


ノンフライチャルメラがクッソうめぇ

続きを読む
逆アクセスランキング
リンク集
記事検索